セシウム検出食材 給食使用

9 月 5th, 2012 by admin

市長「危険知ることが大事」

川崎市の小学校給食で、放射性セシウムを含むと分かった県産冷凍ミカンや山形県産リンゴ缶詰を使うことについて、阿部孝夫市長は四日の会見で「危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事だ」と語り、教育的側面からの使用を強調した。

市の検査で、冷凍ミカンは一キログラム当たり9.1ベクレル、リンゴ缶詰は同1.6ベクレルの放射性セシウムを検出。市では、国の基準値(一キログラム当たり100ベクレル)を下回っていることから、冷凍ミカンは四月から給食で出しており、リンゴ缶詰は九月から使用。

横浜市や鎌倉市が冷凍ミカンの使用を見合わせていることへの質問に、阿部市長は「このレベルでビクビクする教育をすることが間違い」とし、「道路では車にぶつかる危険性があり、すれ違ったあかの他人に刺される可能性もある。だから人とすれ違うな、と教育しますか?」とも。

納得していない保護者もいるが、「ビクビクしなさんな」と話した。(山本哲正)

2012年9月5日(水)東京新聞朝刊

山形県産リンゴ缶詰 セシウム1.6ベクレル検出

9 月 1st, 2012 by admin

小学校給食用 ミカンに続き使用へ

川崎市教育委員会は三十日、小学校の給食に使う山形県産のリンゴ缶詰から、一キログラム当たり一・六ベクレルの放射性セシウムを検出した、と発表した。給食の食材検査で放射性物質を検出したのは三件目。

国の基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を下回り、市教委は九~十二月に月一回、フルーツポンチに使う予定。食べるかどうかは保護者や子どもの判断に委ねる、としている。九月の使用予定日は、川崎、中原区が三日、高津、宮前区が十日、幸、多摩、麻生区が十八日。一人五〇グラムの摂取になるという。

食材検査では、四月に神奈川県産の冷凍ミカン(同九・一ベクレル)とミカン缶詰(同三・八ベクレル)で放射性セシウムが検出された。市教委は冷凍ミカンを給食に出し続けており、九月も幸、多摩、麻生区が十二日、川崎、中原区が十四日、高津、宮前区が二十六日に使用を予定する。

放射性物質を含む食材の使用中止を求める保護者らに対し、市教委は「放射性物質を検出した場合、学校を通じて保護者に知らせることを徹底する」との見解にとどまっている。横浜市、鎌倉市は県産冷凍ミカンの給食での提供を見合わせている。 (山本哲正)

2012年8月31日 東京新聞朝刊

調理後の放射性物質給食検査

6 月 14th, 2012 by admin

放射性物質
調理後の給食検査文科省が全額補助
県、9月から2市町村で

県は12日、9月~来年3月、県内2市町村で、調理後の学校給食に含まれる放射性物質濃度を検査すると発表した。検査は文部科学省の委託で全国一律に実施。県が6月補正予算案に盛り込んだ実施費の120万円は、同省が全額補助する。毎日の給食の全品目が検査対象で、結果は1週間分を毎回公表する予定。
検査で放射性物質が検出された場合は、①検査結果を基に年間の内部被ばく線量を試算②試算値が、国が定める年間被ばく限度の1ミリシーベルトを超えた場合は、市町村が保管する食材を調べ、原因物質を特定③原因食材に含まれる放射性セシウムが、食品の新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を上回る場合は、給食での使用停止を求める-という手続きを取る。
県によると、県内で調理後の給食の放射性物質を検査しているのは、相模原、横須賀、藤沢、平塚、逗子、秦野、海老名、綾瀬の8市と葉山町。県は、これ以外の市町村の中から8月上旬までに、検査対象の自治体を決める予定。
食品に含まれる放射性物質は、県が委託した各検査機関が出荷段階で検査している上、横浜、川崎などの12市町では給食食材の調理前検査も実施。調理後の検査も加えれば、給食食材は「トリプルチェック」となる。県教委保健体育課は「学校給食の安全を求める保護者の声に応えるため」と説明している。

東京新聞2012年6月14日(木)朝刊

給食食材 通知徹底

6 月 7th, 2012 by admin

給食食材 通知徹底へ
放射性セシウム 国の基準値以下でも
市教委、保護者に文書で

放射性セシウムが検出された県産冷凍ミカンを小学校給食に出し続け、対応が注目を集めている川崎市教育委員会は、食材に検出限界値以上の放射性セシウムが検出された場合、国の基準値を下回っていてもその都度、保護者に文書で通知する方針を決めた。保護者から「まず情報を知らせることが重要」と歓迎する声が上がる一方で、給食に出し続ける市の方針を批判する市議もいる。

市は6日、ミカンから放射性セシウムが検出された件と今後の通知方針をまとめた「お知らせ」を各小学校に送付。学校側がこの文書を各家庭に配る。
市教委は食材の産地と放射能検査結果を市のホームページで公表してきたが、冷凍ミカンの件で保護者らから「積極的な通知を」と求められ、応えた形。市教委によると「今回だけ、では整合性がとれない」とし、今後の通知方針も決めた。
保護者らでつくる「子供を放射能から守る会@川崎」は「保護者の声に応えてくれることで信頼関係を結べる」と喜んだ。
ただ「県産冷凍ミカンの検出値は1キログラム当たり9.1ベクレルで国基準の同100ベクレルを下回る。『給食に使用する食品が基準値に適合すれば安全性は十分に確保される』と国の見解があり、給食で使う」とする市教委の姿勢はそのままだ。今後も冷凍ミカンを6、7、9月に1回ずつ使用する。

東京新聞2012年6月7日(木)朝刊

またイワシからセシウム

5 月 24th, 2012 by admin

またイワシからセシウム
横浜市給食使用を中止 調達産地変更も検討

横浜市教育委員会は23日、市内の小学校90校の給食で、24日に提供予定だった千葉県産の冷凍イワシから1キログラム当たり9.9ベクレルの放射性セシウムを検出し、使用を取りやめたと発表した。
市教委は、イワシを納入した市内の業者は、東京電力福島第一原発事故の前に漁獲したと届けていたが、「事故後」のイワシが混入していたと判断した。
市教委の調べに、業者は「どうして混入したのか分からない」と話しているという。3月にイワシ調達を決める際、業者は「一昨年7月に銚子沖で漁獲された」と届けていた。イワシは、煮魚として提供する予定だった。
17日にも別の業者が「(原発事故前の)一昨年8月に漁獲した」と納入したイワシから同24ベクレルを検出。こうしたことを重視し、市教委は「放射性セシウムが検出されていない産地のものを調達するなど、対応を検討する」と説明した。

東京新聞2012年5月24日(木)朝刊

« Previous Entries