文教堂、閉店

10 月 16th, 2012 by admin

イトーヨーカドー溝の口店の3階にある文教堂書店、
今週末、2012/10/21(日)をもって閉店だそうです。

文教堂は溝の口に本社がある全国チェーンの書店。
これで溝の口駅前は、文具フロアもある溝の口本店、
ノクティ1の7階にある溝の口駅前店、
東急南口改札前にある「カルチャーエージェント」
の3店舗になりますね。

セシウム検出食材 給食使用

9 月 5th, 2012 by admin

市長「危険知ることが大事」

川崎市の小学校給食で、放射性セシウムを含むと分かった県産冷凍ミカンや山形県産リンゴ缶詰を使うことについて、阿部孝夫市長は四日の会見で「危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事だ」と語り、教育的側面からの使用を強調した。

市の検査で、冷凍ミカンは一キログラム当たり9.1ベクレル、リンゴ缶詰は同1.6ベクレルの放射性セシウムを検出。市では、国の基準値(一キログラム当たり100ベクレル)を下回っていることから、冷凍ミカンは四月から給食で出しており、リンゴ缶詰は九月から使用。

横浜市や鎌倉市が冷凍ミカンの使用を見合わせていることへの質問に、阿部市長は「このレベルでビクビクする教育をすることが間違い」とし、「道路では車にぶつかる危険性があり、すれ違ったあかの他人に刺される可能性もある。だから人とすれ違うな、と教育しますか?」とも。

納得していない保護者もいるが、「ビクビクしなさんな」と話した。(山本哲正)

2012年9月5日(水)東京新聞朝刊

山形県産リンゴ缶詰 セシウム1.6ベクレル検出

9 月 1st, 2012 by admin

小学校給食用 ミカンに続き使用へ

川崎市教育委員会は三十日、小学校の給食に使う山形県産のリンゴ缶詰から、一キログラム当たり一・六ベクレルの放射性セシウムを検出した、と発表した。給食の食材検査で放射性物質を検出したのは三件目。

国の基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を下回り、市教委は九~十二月に月一回、フルーツポンチに使う予定。食べるかどうかは保護者や子どもの判断に委ねる、としている。九月の使用予定日は、川崎、中原区が三日、高津、宮前区が十日、幸、多摩、麻生区が十八日。一人五〇グラムの摂取になるという。

食材検査では、四月に神奈川県産の冷凍ミカン(同九・一ベクレル)とミカン缶詰(同三・八ベクレル)で放射性セシウムが検出された。市教委は冷凍ミカンを給食に出し続けており、九月も幸、多摩、麻生区が十二日、川崎、中原区が十四日、高津、宮前区が二十六日に使用を予定する。

放射性物質を含む食材の使用中止を求める保護者らに対し、市教委は「放射性物質を検出した場合、学校を通じて保護者に知らせることを徹底する」との見解にとどまっている。横浜市、鎌倉市は県産冷凍ミカンの給食での提供を見合わせている。 (山本哲正)

2012年8月31日 東京新聞朝刊

オオクチバスの出荷自粛を解除

7 月 7th, 2012 by admin

オオクチバスの出荷自粛を解除
芦ノ湖産で県

県は六日、箱根町の芦ノ湖で捕れたオオクチバス(通称・ブラックバス)に含まれる放射性セシウム濃度を検査した結果、食品の新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回る同98ベクレルだったと発表した。
三回連続で基準値以下だったため、県は地元漁協に対する出荷自粛要請を解除した。

東京新聞2012年7月7日(土)朝刊

日本料理・仕出し ゆいまーる

7 月 1st, 2012 by admin

溝の口を離れ、久しぶりに津田山のイオン系スーパー
「マックスバリュ」に行ったところ、
いつの間にか閉店していた津田山駅前の中華レストラン
「大膳楼」跡が改装され、看板が付いていました。

「日本料理・仕出し ゆいまーる」

と。
看板以外、情報になるものは何もありませんでした。
大膳楼のようなレストランなのでしょうか?
入り口はどう見てもマンションのエントランスでしたけど。

いったい、いつオープンなんでしょう?

« Previous Entries